近頃のうつ病の研究 鬱病についてのちかごろの研究によれば、一生のうちでうつ病にかかる可能性は15%程度だそうです。日本では1600人にたいする面接調査を200二年に行なった結果、鬱病の割合2%・生涯有病率で6.五パーセントという結果が出ているのです。これらの研究を総合的にみてみると、うつ病を疾患している割合は35〜50人に1人程度、7〜15人に1人は生涯のうちにうつ病にかかると考える事ができるかもしれません。病気になったら人間の身体は何らかの異常が表れてきます。うつ病という病気も例外では無くて色んな症状がでるのそうはいっても、鬱病が風邪などんな他の病気と違う点は、それらの症状が身体のみならず精神面でも現れると言うことですね。鬱病によっては現れる精神面の症状には感情面の「憂鬱感」や意欲面での「物事への関心・興味の低下」のほか、物事を判断するのが鈍くなる、自分に自信がもてなくなる、自分を責める、不安に襲われやすいなどがあるでしょう。これらの症状がみられてもうつ病の状態が軽ければ仕事などの日頃の暮らしに支障が無いために、うつ病の発見が遅れやすく初期の治療を行なうことがむずかしくなり、鬱病の症状を悪化させる結果となっているようですー